木造住宅に誤った方法で防水工事を行うとどうなる?

木造住宅の雨漏りは危ない!?適切な防水工事を行おう! 木造住宅の雨漏りは危ない!?適切な防水工事を行おう!

防水工事選びを間違うとどうなる?

防水工事を行うときは、その場所に適した方法で施工しないといろいろな問題が発生してしまいます。万が一、適さない防水工事を行ってしまうと、どのような問題が起こってしまうのでしょうか。間違った工事をしないように確認しましょう。

実際に行った木造住宅の施工事例

誤った防水工事を施すと、劣化時期よりも早く防水層が浮いてきたり、膨らんできたりします。また高速道路や電車が通るなど、建物の立地場所によっては住宅に振動を与える場所があります。このような場所にある建物に補強クロスせずに施工すると、伸縮性が足りず防水層が破れてしまいます。他にも木造住宅に下地の穴あけを行い建物が破損するなどがあります。適切でなければ防水効果が低下してしまい、住宅にも負担をかけてしまいます。

バルコニーの防水工事をさせて頂きました(40代/男性 防水工事業者)

木造住宅のバルコニーにリボール防水を行いました。下地を丁寧に調整して、補強メッシュで補強してから塗り始めます。リボール防水は、1日に2〜3回重ね塗り出来るので、工事期間が短くて済みます。3回塗った後は、きちんと乾かしてから最後にトップコートを塗ります。施工期間が短く、環境にも良いので、お客様に喜んでもらえました。

木造二階建ての住宅を施工させて頂きました(30代/男性 防水工事業者)

もともとの防水が下地だけに頼っている状態でした。そのため、まずは下地の補強から行いました。下地の補強は、浸透性の高いものを何度塗ります。下地の補強のため4回塗り、続いて中塗り、上塗りと防水塗装を塗りました。防水効果が低い住宅だったので、劣化が心配だったけど、何とか防水工事が出来て、下地の強化もしたのでもう大丈夫でしょう。

TOPボタン